• LEGENDとは?


    • “LEGEND THE PRO-WRESTLING”はファンに多くの夢を与え、熱狂的なプロレス黄金期を築き上げた藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスクが中心となりスタートしたプロジェクトであります。 “LEGEND THE PRO-WRESTLING”の旗揚げ戦となった東京では徹夜組まで出し、立ち見席まで完売の文字通り超満員札止めとなりました。翌大阪大会でも超満員札止めの上に会場動員記録を樹立しました。 かつてのプロレスファンが大挙して押し寄せメディアでも大きく取り上げられ、
プロレス界では新しく“LEGEND”というジャンルが確立されつつあります。 彼らプロレスレジェンド達の源流にはストロングスタイルが根底に存在します。このストロングスタイルをリングの上で表現し続けることで、プロレスを未来に引き継いでいくことが彼らのミッションであります。 そしてそれを発信する場所がこの“LEGEND THE PRO-WRESTLING”のリングなのです。
    • 長州力プロフィール

      • 本名:吉田光雄
        身長/体重:184cm/120kg
        生年月日/1951年12月3日
        出身地/山口県徳山市(現・周南市)
        血液型/O型
        得意技/リキラリアット、サソリ固め

        専修大学時代にレスリングで活躍し、1972年のミュンヘンオリンピックに出場。1974年8月8日、東京・日大講堂におけるエル・グレコ戦でデビュー。
        1982年からの藤波辰巳(現・辰爾)との抗争劇の一連の闘いは「名勝負数え歌」と称され、数々のベストマッチを生んだ。1984年12月にジャパン・プロレスを旗揚げし、全日本プロレスに主戦場を移す。1987年5月、新日本プロレスへ復帰。新日本プロレス黄金期を支えた。
        1998年1月4日、東京ドームで現役を引退し、以後は新日本プロレスの現場監督として活躍。2000年7月30日、大仁田厚との有刺鉄線電流爆破マッチで現役復帰し勝利。2003年3月にWJプロレスを旗揚げしたが、翌2004年に活動休止となる。2004年11月より、ふたたび新日本へ本格参戦をはたし、2006年5月にはリキプロ主催興行「LOCK UP」を始動させる。

      • 長州力
    • 藤波辰彌プロフィール

      • 本名:藤波辰巳
        身長/体重:183cm /105kg
        生年月日:1953年12月28日
        出身地:大分県国東市武蔵町
        血液型:O型
        得意技:ドラゴンスープレックス ドラゴンスクリュー

        1970年6月、16歳で日本プロレスに入門。1972年3月、新日本プロレスの旗揚げに参加。
        1974年に開催された第1回カール・ゴッチ杯で優勝を果たし、1975年6月に海外遠征へ出発。カール・ゴッチ氏のもとで修行を積み、1978年1月にWWWFジュニア・ヘビー級王座を獲得した。同年3月に帰国し、空前のドラゴンブームを巻き起こし、ジュニア戦線を確立。
        1981年10月にヘビー級転向後は、数度に渡るIWGPヘビー級王座、タッグ王座の戴冠、G1優勝等、新日本プロレスのエースとして活躍。1995年10月、自主興行『無我』を旗揚げ。1999年6月より5年間に渡り新日本プロレス社長を務めた。
        2006年6月30日付けで新日本を退団し、同年8月に『無我ワールドプロレスリング』を旗揚げ。2008年1月より団体名を『ドラディション』に変更し、取締役社長を務めるだけでなく選手としても活動中。

      • 藤波辰彌
    • 初代タイガーマスクプロフィール

      • 本名:佐山聡(サトル)
        身長/体重:173cm/98kg
        生年月日/1957年11月27日
        出身地/山口県下関市
        血液型/B型
        得意技/タイガースープレックス、ローリングソバット

        新日本プロレスマットでデビュー、メキシコ、イギリスで活躍後、1981年4月、対ダイナマイト・キッド戦で初代タイガーマスクとして衝撃デビュー。華麗なる空中技と変幻自在な四次元殺法、威力抜群の打撃技で、プロレス界のみならず、社会的に“タイガーマスクブーム”を巻き起こす。
        1983年8月電撃引退後、旧UWFに参戦、ザ・タイガー、スーパータイガーとして、より格闘技色の強いファイトを展開。その後、シューティング(プロフェッショナル修斗)を創始。日本における総合格闘技ブームの礎を創った。また、A・猪木が設立した『UFO』で小川直也を格闘家に育てた後、“市街地型実戦武道”掣圏道(掣圏真陰流)を創始。
        2005年4月、“プロレスの復権”を旗頭に、真・プロレス団体『リアルジャパンプロレス』を設立。人は彼を、“世の10年先を歩く男”と呼ぶ。

      • 初代タイガーマスク