• 長州力と坂口征夫が公開練習



    10月24日、新日本プロレス道場において来年1月13日『LEGEND THE PRO-WESTLING後楽園大会』でタッグを結成する長州力と坂口征夫が公開練習を行った。総合格闘技のリングで活躍する坂口に長州は「ロックアップは必要ない。相手に合わせるな。」と指導。
    リング上では長州にスリーパーや腕ひしぎ逆十字固めを極めた坂口。総合格闘技で培ったグラウンドの技術に長州も期待を寄せた。
    「あえてプロレスをやれなんて言ってない。格闘技には格闘技の間があるだろうしプロレスにはプロレスの間がある。そこで流れが変わるから、動きを止めてくれればいい」とコメント。
    およそ20年ぶりに新日本の道場で練習をしたという坂口は「やっぱり間というか、基本的なことを今回教わりました。言葉にすればひとつ、ふたつ。そこに全部いろんなものが含まれている。あとはそこから広げるのは自分次第」と語った。
    また、この日、対戦相手である蝶野正洋、天山広吉、獣神サンダー・ライガーからコメントが紹介され(添付)、追加対戦カードも発表された。
    来年1月13日に向け、本格的に始動を始めた“荒鷲二世”坂口征夫がレジェンドのリングでどんな闘いを見せるのか!?