• 『LEGEND THE PRO-WRESTLING』2015・1・12大会開催会見



    12日、レジェンドプロレスが会見を行い、来年1月12日(月・祝)後楽園ホール大会で、長州力と貴闘力が初代タイガーマスクを加えて初トリオを結成することが発表された。


    大仁田厚&矢口壹琅&保坂秀樹と対戦する。事の発端は大仁田サイドからの声明だった。12月5日リアルジャパンのリングで激突した貴闘力に対し、「焼き肉屋の片手間にリングに上がっているのか!」と挑発。さらに「リアルジャパンの次の大会は3月らしいが、もったいつけるんじゃねえ、貴闘力の保護者のタイガーマスクよ、1月にレジェンドの後楽園があるんだろ、そこへ貴闘力を連れてこい!」と続け、レジェンドの象徴でもある長州力に対し、「最近はバラエティータレントのモノマネ」「貴闘力と顔が瓜二つだからって、長州さん、あなたもバイト感覚で試合する気なんですか?」と矛先を向けた。

    これに対し、レジェンド実行委員会が協議の上、対戦カードが決定。大仁田とのリング上での対決は、03年6月以来11年半ぶりとなる長州は「大仁田には倍返しじゃすまないかもな。後楽園に救急車を呼んでおかないと…。貴闘力とは、ずっとお付き合いさせてもらって、ひょっとしたらこういう日がくるのかなと思っていた。一緒にリングに上がるのが楽しみ」と話した。

    貴闘力は「自分はどうこう言える立場にない。一生懸命やるだけ」と神妙に話し、初代タイガーマスクは「これだけのデラックスなトリオがタッグで実現できるのは、夢のよう…。大仁田も我々3人が迎え撃つということを分かったらビビるんじゃない…。」と自信を語った。4月にレスラーデビューし、3戦目を迎える貴闘力とは面識があった長州は「(力士時代の)貴闘力の相撲が好きだった。土俵とリングは違うけど、そういうときの貴闘力が垣間見えるんじゃないですか。楽しみというか、そういうときの顔が見えるのを期待してます。土俵に上がってるときの貴闘力はすごいと思ってた。大関、横綱の相撲より。力士のときは1、2度会ったことがあるけど、いい顔の相をしてるなというのがあった。それを土俵じゃなく、リングで見られるというのはある」と絶賛。

    さらに、「貴闘力がそのまま出ればいい。何の小細工もいらない。(指導する)タイガーにも言ってるけど、親方に何も求めない方がいい。リングで全部、貴闘力を出せれば、(大仁田邪道軍相手に)5分もかからないんでは。ヘタに付き合わない方がいい。今、貴闘力に何かを期待することはない。(リングで)そばに上がってるだけでいい」とアドバイスした。2015年の幕開け、長州&初代タイガー&貴闘力はドリームレジェンドチームとして邪道殲滅に出る!