• レジェンドブームを徹底検証!語ろう、新春1・8レジェンド・ザ・プロレスリング!!(最終回/アントニオ小猪木&長州小力編)



    今年1月に旗揚げした『レジェンド・ザ・プロレスリング』。これは、かつて“金曜夜8時”に一大プロレスブームを巻き起こした立役者たちである藤波辰爾、長州力、初代タイガーマスクが中心となって定期開催をしているイベントで、いま、このレジェンドの会場が熱い盛り上がりを見せている。そこで今回、12月19日に新創刊となった“世の中とプロレスするひろば”『KAMINOGE』(かみのげ/東邦出版)が、新春1月8日に後楽園ホールにて開催される『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2012』に向けて、“上野毛道場伝説”を作った男たちに敬意を表し、“昭和新日”“金曜夜8時”に熱狂させられた漢(おとこ)達にインタビューを敢行。それぞれに当時の熱い思いきや、1・8後楽園大会の展望などを語ってもらいながらプロレス界において新たなマーケットを開拓したレジェンドを検証していく。第4弾は西口プロレスで活躍するアントニオ小猪木と長州小力だ。
    【聞き手:小松伸太郎(『KAMINOGE』編集部)】


    ■長州さんが革命を起こした時には、「強いって何だろう?」って初めて考えましたね(小力)

    ――今回は来年の1月8日に『レジェンド・ザ・プロレスリング』の一発目の興行をやるということで、昭和プロレスには特別縁の深いお二人にお話を伺いしにきました。
    小猪木 縁が深いというか、ぶら下がっているだけだけどね(笑)。
    小力 でも、昭和プロレスで育った昭和プロレスっ子って感じですね。だから、同世代の方とお仕事をすると、「あの頃は良かったね」みたいな話になることが多いですからね。小猪木さんも、「小猪木くんは猪木のあの時代が良かったんでしょ?」って言われることが多いでしょ?
    小猪木 そう! で、それで熱く語れる人とはいいんですけど、ある一線から下になると、猪木さんは「ダーッ!」の人、あるいはビンタの人、もしくは「元気ですかーッ!」の人っていうイメージですからね。もっと子どもになると、猪木芸人の大ボスが猪木さんって捉えている人もいるんですから。
    ――本末転倒ですね(笑)。
    小力 まあ今の活動的に言ったら、タレントだもんね(笑)。
    ――でも、小力さんに関しても、「長州力って長州小力の大きい人ですよね」みたいなことを言っている若い人がいましたからね。
    小力 ホントにね、それを言われるとボクはリアクションに困りますね(笑)。「ボクがマネてるんですよ」って言うんですけど、どうしてもテレビの影響でそういう感じの人が多いんですよ。でも、今『レジェンド』は大盛況ですけど、当たり前のような感じがしないですか? 世の中の洋服でも車でもそうなんですけど、一周するとみんなが昔愛した物がまた流行ることがあるじゃないですか? それと同じだと思うんですよ。しかも、『レジェンド』の場合はまだ本人たちのプロレスを観られるという凄さがありますよね。
    小猪木 あと、まだまだ業界を仕切ってるんですよ!
    ――それはどういう意味ですか?
    小猪木 存在感とか見せ方とか、あるいは味であるとか、いい意味で若い者は勝てないですからね。そこがレジェンドの凄さですよ。そういう意味での仕切りですよ。
    ――まあ、業界に存在感を残しているっていうことですよね。
    小力 結局、下の世代がしっかりとプロレスをやり続けているから、レジェンドが活躍できる土壌が残っているっていることでもあるんですよね。だから、プロレスの凄さってみんな意外と気づいてないけど、日本人の生活の一部になっているってことなんですよ。だからこそ、波があるっていうね(笑)。
    小猪木 確かに生活の一部ですね。だって、朝立ち上がる時ですら、苦しみの中から立ち上がる瞬間が訪れるんですから!
    小力 それはあなただけですよ(笑)。そうじゃなくて、俺が言っているのはご飯と味噌汁とプロレスみたいなっていうこと! そうやって日常的にあるから、いつ食べてもいいし、いつ食べなくてもいいから波があるっていう。
    ――当たり前の物だっていうことなんですよね。
    小力 そうそう。で、今のレジェンドたちが活躍しているのは当たり前のようであり、変な話衰えてないんですよね。試合時間とかそういう部分では違いますけど、迫力とか存在感とか間合いとかは変わってないですからね。うちでもお世話になっているグラン浜田さんとかザ・グレート・カブキさんとか、僕なんかあんまり絡みはないですけど、コミカルな部分であっても真剣な部分であっても、存在感は凄いですよ。それってやっぱり技術だと思うし、僕もそんな感じになりたいですけどね。
    ――出てきただけでお客さんの視線は集中しますし、会場は大爆発ですからね。
    小力 不思議な現象だよな。だから、そういう面では僕らはいい時代にプロレスを観られたなっていうのはありますね。
    小猪木 ホントにいいプロレスを観させてもらったのが『レジェンド』に出ているレスラーたちなんですよね。
    小力 だから、僕は今のプロレスも好きなんですけど、僕の身近な人にはどっちかって言うと『レジェンド』を観てもらいたいという思いはありますね。僕が昔観ていたプロレスを観てもらえたら、僕らがやっていることももっと理解してもらえるんじゃないかって思うんですよね。
    ――そのレジェンドたちが一番活躍したのが80年代ですよね。名勝負数え唄であったり、タイガーマスクブームがあったりしましたけど、あの頃のプロレスではどんな思い出がありますか?
    小力 僕は幼少の頃は初代タイガーマスク、藤波辰爾(当時は辰巳)の格好良さに憧れましたね。筋肉隆々だったし、二枚目でしたからね。そういうキャラクターに惹かれていたんですけど、長州さんが革命を起こした時には、「強いって何だろう?」って初めて考えましたね。
    ――子どもに強さとは何かということを考えさせてくれた存在。
    小力 やっぱり、大きい組織に数人で反旗を翻したっていうのが画期的でしたよね。
    小猪木 新しかったよね。
    小力 うん。それまでは正直、「なんで黒いパンツに長髪で、白いシューズなんだろう?」って子どもながらに違和感を感じていたんですよ(笑)。
    ――あのスタイルに(笑)。
    小力 だから、子どもの頃の僕にとっての長州力は太ったおじさんなんですよ。でも、今見返すと筋肉の付き方やパンプアップの仕方が凄いんですよね。外国人レスラーに比べると、小さいって言われてたけど、全身がバネですよ。
    ――岩のようでいて、バネのようでもありましたよね。
    小猪木 また、活字で読んでいてもお互いのつらさとか嫉妬心とかっていう部分を凄く味わえるじゃないですか? 藤波さんと長州さんがお互いにエリートだって思って嫉妬し合ってたとかね。
    小力 長州さんから見れば生え抜きの藤波さんはエリートだけど、藤波さんからすれば長州さんはオリンピック選手っていうエリート。お互いにそう思ってぶつかり合っていたりね。ホントに嫌いな時期もあったと思うんですよ。それを乗り越えて、お互い認め合って仲良くなった。でも、そこからまたやり合うっていうのが凄いですよね。普通のドラマだったら、殴り合って分かり合って終わるところが終わってないんですから(笑)。
    ――エンドレスですよね。
    小力 何回やんだよっていうのもありますけど、回数を重ねた分、より楽しめますからね。で、今大人になって昔の試合を観ると凄く荒いんですよ。リズムじゃないんですよね。例えば長州さんは相手が寝ているところにエルボーを入れるじゃないですか? 今の選手はキレイに胸に入っているんですけど、確実にアゴに入っているんですよ。
    ――きついですね(笑)。
    小力 でも、そんなに荒くてもスピーディーだし、試合も40分、50分平気でやってたし、尋常じゃないよね。子どもの頃にそういう部分をちゃんと観られたらなって思いますね。
    小猪木 ブラウン管の向こうから凄さが伝わってきてましたよね。
    小力 俺は派手な部分に目がいっちゃってたからさ。ジェット・シンやブロディやハンセンが会場で暴れ回っている姿とかね。でも、大人になって観ると、アスリートとしての凄さを感じますよね。下手したらイチローに匹敵するんじゃないのっていうぐらい凄いですよ。
    小猪木 でも、ホントにイチロークラスのアスリートがゴロゴロいたんだから!
    小力 だから、あの年齢になってもやれてるのかな?
    小猪木 そう! だから、選ばれし者なんですよ!

    ■僕らもレジェンドレスラーを見習って、お笑いプロレス業界のレジェンドになることを目標にしていきたいと思います(小猪木)

    ――その選ばれし者たちが集う『レジェンド』なんですけど、新春一発目の興行も注目カードが組まれました。
    小力 長州力vs橋本大地! これは凄いなぁ。
    小猪木 長州さんの試合に関しては二つ想像できるんですよ。とにかく大地に10分ぐらい攻めさせる。「もっと蹴ってこい! 親父の蹴りはそんなもんじゃなかったぞ!」っていうぐらいのことを言いながらね。あるいは長州さんがワンサイドで終わらせる。3分ぐらいで肩振って、リキラリアット一発で終わらせて汗もかかずに帰っていく。この二つに分かれますね!
    小力 初対決でしょう? ということは長州さんはボッコボッコにすると思うな。というか、してほしいですね。やっぱり偉大な親父の子供だからみんな期待するし、そのプレッシャーたるや大変じゃないですか?
    小猪木 多分、武藤さんや蝶野さんとは違う圧力を感じながら大地は闘うんじゃないですかね? 
    小力 だから、長州さんのヘッドバットが出るかもしれない、あの安生戦で出した。
    ――Uインターとの対抗戦が行われた1995年の10・9東京ドーム大会の試合ですね。
    小力 俺、あれが好きなんですよ(笑)。
    小猪木 まあ、大地も親の七光りでチヤホヤされているからね。
    小力 また、偉そうに言うね(笑)。
    小猪木 いや、そこで長州さんには親代わりになって大地を鍛えてほしいんですよ!
    ――なるほど。長州vs橋本は90年代の新日本プロレスで何度もやりましたけど、何か思い出はありますか?
    小力 僕の芸人としてのボケでは「なにコラ、タココラ!」が頭をよぎりますけど。
    ――2003年の暮れに起きたコラコラ問答ですよね(笑)。
    小力 でも、それはおいといての話になるんですよ(笑)。そうだな、やっぱり長州さんが片ヒザついているところに橋本真也が蹴りをぶち込んで、それを耐え抜いてラリアットでなぎ倒す。それを強引に橋本が垂直落下式のブレーンバスターにいくみたいな。そればっかのイメージですね。だから、試合っていうよりもケンカですよね。殴って蹴ってだから。
    小猪木 この二人の試合では技はあんまり出てないですよ。蹴りvs殴ってラリアットって感じですから。
    小力 ゴツゴツした試合のイメージが凄いありますよ。橋本真也にはやられて鼻血出して、フラフラになりながらも勝って、汗でビショビショみたいなイメージがありますからね。大地はまだそういうふうにはならないと思うんですけど。
    小猪木 藤波さんが腰を負傷して、長州さんが一本柱で闘魂三銃士と闘っている時は面白かったですね。あの時は長州さんに感情移入しちゃいましたもん。とにかくこの3人をまとめてやっつけてほしいってね。でも、そこで立ちはだかるのが橋本真也だったんですよ。
    ――三銃士の中で長州さんと一番やり合ったのが橋本さんでしたよね。
    小力 うちでハチミツ真也が試合をする時は、セコンドから「ちんた! ちんた!」って言うんですけど、お客さん誰もわからないんですよ(笑)。
    ――長州さんは橋本さんのことを「ちんた」って呼んでたんですよね(笑)。
    小力 そういう断片的な記憶が蘇ってきますけどね、このカードからは。どうなるんだろう? でも楽しみだな、これは。
    ――大地選手の試合はご覧になったことはあります?
    小力 僕はまだないですね。
    小猪木 僕もないですけど、記事では見てますね。あと、僕は結構会うんですよ。
    小力 ああ、そう。
    小猪木 なんかしらで会うことが多いんですよ。
    小力 向こうが来るみたいな言い方しているけど、こっちから行っているんだろう?(笑)。
    小猪木 まあね。でも、応援していますけど、大地の時代が来るのは今じゃないと思うんですよ。10年後とかでも15年後とかでもいいと思うんですよ。その時こそ、「時が来た!」になると思うんですけど。
    小力 でも、プロレス界で天下取った人の息子じゃないですか? それがまたその上の世代のレジェンドたちと揉み合う。またこれででかくなるんでしょうね。
    小猪木 いや、ホントにいい経験にしてほしいですね。
    小力 それできっと小猪木さんが言っているように10年後、15年後に日本を背負って立つようなレスラーになっていくんだろうな。僕らはそのプロセスを観られるんですよね。橋本大地という選手がどういう強いプロレスラーになっていくのか? そう考えるとこの試合は見逃せないですね。だから、レジェンドたちのプロレス界に対する貢献度は凄いんですよ。
    小猪木 あとね、藤波さんと藤原さんのタッグマッチも注目カードですよ!
    ――藤波&長井組vs藤原&石川組ですね。
    小猪木 ドラディションvs藤原組ですからね! ワクワクするな! それから、タイガーマスクvsエル・サムライですよ! 華麗なるタイガーマスクvs受け身の天才サムライ。獣神サンダー・ライガーのライバルですからね、サムライは。
    小力 サムライは受けが強いっていうか、どんな攻撃にも屈しないよね。だから、ちょっとそこを見せてもらいたいですね。サクっとやられちゃうとまた「サムライ……」ってなっちゃうけど(笑)。
    ――凄い体をしているわけじゃないんですけど、スタミナとか凄いですよね、サムライさんは。
    小力 凄いですよ。筋肉隆々じゃないけど、オリジナリティーあるレスラーですよね。
    小猪木 ちょっと、これも凄いカードじゃないですか!? えべっさんvs菊タロー! 初対決ですか?
    ――いや何度か絡んだことはありますね(笑)。
    小猪木 これ、菊タローは元えべっさんだから、えべっさん対決でしょ?
    ――そうです。因縁の対決です(笑)。
    小猪木 いや、これは楽しみだわ!
    小力 そこに目が行くか(笑)。でも、この二人も凄いなって思うんですよ。菊タローさんって結構ウェイトあるじゃないですか? でも、動きますよね。
    小猪木 動くねぇ。
    ――なにげにムーンサルトとかやりますもんね。
    小力 うん。だから、身体能力が異常に高いですよね。ちゃんとレスリングするしね。だから、あと食生活考えればもっと凄くなるんじゃないですか?(笑)。でも、あれが味だよね。真剣なところにこういう試合があるところがプロレスの奥深さというか。
    ――そういう意味では初代タイガーの佐山さんも体型は全盛期と全然違っちゃいましたけど、動きは変わらないですよね。
    小力 動き戻ってない?
    小猪木 一瞬一瞬の動きは凄いよ!
    小力 だから、感覚が衰えてないっていうか。体は確かに大きくなりましたけど、切れ味は流石ですよね。
    ――そうですよね。さて、楽しみは尽きませんが、最後に『レジェンド』で期待することを一言ずつお願いします。
    小猪木 やっぱり元気でいて、プロレス界の高い壁でいてほしいなっていう思いがありますね。あと僕らもレジェンドレスラーを見習って、お笑いプロレス業界のレジェンドになることを目標にしていきたいと思います。
    小力 やっぱり、時代の移り変わりは早いけど、どっしり構えて行ってほしいですね。毎月興行を打たなくてもいいじゃないですか? 何ヵ月に一回でもいいから、一瞬の迫力を見せてくれたら僕は嬉しいですね。
    小猪木 あとはドンドン継承していってほしいですね。
    小力 いいレスラーはいっぱいいるからね。またそこに歴史を重ねていってほしいですね。
    小猪木 あと、このお三方だけじゃなく、新間寿さんしかり! そういう方々もレジェンドなんですよ!
    小力 そこは一応レスラー限定にしとかなきゃ(笑)。
    ――でも、新間さんのあの知恵も継承していってほしいですよね(笑)。
    小猪木 そうなんですよ! 仕掛け人がいてほしいですね。だから、マイク・タイソンにはドン・キングがいて、アントニオ猪木には新間寿がいる。こういうところも今のレスラーには全て継承してほしいですね!
    小力 これで猪木さんが復活してリングに上がってきたら凄いことになるんだろうね(笑)。グッチャグッチャになって。
    小猪木 猪木さんにはもっと怒ってほしいですね。猪木さんは「我々は怒りを表現する職業だ」ということを言っていたんですよ。そういう意味では長州さんも組長も佐山さんもみんな怖いですから。
    ――皆さん、怒りがありますよね。
    小猪木 はい。だから、その対極を我々が行くというね。
    小力 笑いの中にも怒りを表現していきますよ!

    アントニオ小猪木
    アントニオ猪木を心から尊敬し、猪木の試合運びのモノマネを得意とする「小さな闘魂」。お笑いプロレス団体・西口プロレスを主戦場にテレビ等でも活躍している。得意技は小卍固め、延髄切り、小インディアンデスロック、小コブラツイスト。

    長州小力
    長州力のモノマネでお茶の間にも一躍ブレイクした「革命閣下」。お笑いプロレス団体・西口プロレスでの小猪木との闘いは「名勝負数え唄」と呼ばれている。得意技はサソリ固め、小力ラリアット、小太鼓乱れ打ち、小力パラパラ。


    LEGEND THE PRO-WRESTLING 2012
    新春1月8日(日)後楽園ホール
    開場/11:15   開始/12:00

    【対戦決定カード】
    <メインイベント(第六試合)タッグマッチ 60
    分1本勝負>
    藤波辰爾&長井満也 vs 藤原喜明&石川雄規
    <セミファイナル(第五試合)シングルマッチ 
    60分1本勝負>
    長州力 vs 橋本大地
    <第四試合 シングルマッチ 45分1本勝負>
    初代タイガーマスク vs エル・サムライ
    <第三試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
    田中将斗&石井智宏 vs 本間朋晃&アレクサン
    ダー大塚
    <第ニ試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
    ヒロ斉藤&ベアー福田&倉島信行  vs スー
    パー・タイガー&タイガー・シャーク& 間下隼人
    <第一試合 新春!お年玉マッチ 30分1本勝負>
    菊タロー vs えべっさん

    “世の中とプロレスするひろば”
    『KAMINOGE』(かみのげ)創刊!!
    東邦出版より絶賛発売中!(定価/税込1000円)

    [巻頭スペシャルインタビュー]
    2011年の甲本ヒロト
    「僕が一番怖いのは、バチが当たること。幸せすぎる人に与えるバチというものがあるとしたら、それだけは当てないでほしいの。幸せのまんま放っといてほしい」

    桜庭和志
    「問題の“カブラル”戦、そして今後について語る」

    LEGEND対談 “上野毛道場をまたいだ男達”
    藤波辰爾×長州力×初代タイガーマスク
    「来年は下関市役所の職員全員が、タイガーマスクをかぶって仕事するから」(長州)

    ほか、所英男と語る 『元気ですか!! 大晦日!! 2011』
    座談会、快楽亭ブラックが語る「立川談志」、ザ・グレート・サスケ「岩手県議選に再出馬も落選!」、マッスル坂井・坂井良夫「新潟在住・坂井親子が育児を語る」、吉田豪が角川春樹氏の娘に迫る、田村潔司×山口日昇など、盛りだくさんの内容です!